カードローンとキャッシング。言葉が違うだけで意味は同じなんじゃないか、クレジットカードで現金を借りるとキャッシング、カードローンで借りるとカードローン、呼び方が違うだけで中身は一緒。ある意味それは正しいといえます。

一括払いの返済方法しか認められていなかった銀行系のカードと、分割払いOKだったクレジット会社系のカードとの差から呼び方を区別していたのが、今でも残っているのかもしれません。調べてみても実質的な違いはないようです。

しかし本来、キャッシングとローンは意味が違います。

キャシングというのは現金を借りたら、翌月に金利をプラスして返金することです。

対してカードローンのローンとは、借りたお金をあらかじめ取り決めた回数または月々決まった金額を返済していくことです。

どちらも無担保のフリーローン(利用者が借金した後、自由に使用できるローン)なのですが、一括払いか分割払いかが違います。

しかし今ではキャッシングしてリボ払いという言葉が普通に使われていますから、明解な使い分けはしていないようです。

ただ、同じ金融機関が商品名で使い分けしていることがあります。例えば「○○銀行カードローン」と「○○銀行キャッシングローン」といった感じです。
この場合も、無担保のフリーローンであることに変わりはないのですが、違いは限度額と金利です。

カードローンは限度額が高くて金利が低め、分割払いが可能ですが、審査基準が厳しく、結果が出るのにやや時間がかかります。
キャッシングローンは、限度額は低めで金利は高め、基本的に翌月一括または数回の返済で審査はスピーディ、即日指定口座に入金、が一般的です。

とはいえ、これも各金融機関統一のルールではありません。
いずれにしても同じ会社がローンとキャッシングを使い分けているときは何かしら理由があるはずですので中身をよく見て使い分けるようにしましょう。
私のオススメ情報はこちらです。プロミス情報室~店舗、金利、審査、返済、借入までの流れが分かる!